医療現場について

ハードルの画像

現在の医療現場の課題

現在の医療現場の状態や起こっていることはどのような問題があるか、お気づきの方も居るかもしれません。
我々のような患者として足を運ぶ者より、実際にそこで業務に従事している方の方がより理解しているのではないでしょうか。

医師や看護師、また調理師や清掃スタッフなど、医療の現場には様々な職種の方がいます。
しかし、そうした方達こそ医療現場における改善点や問題点もより理解している方も居るかもしれません。
現在の医療現場、救急医療体制について、現場の期待に答える、というようなことに焦点を当てて記述しています。

救急医療体制に関する視点

救急医療体制について、という部分では、現在の救急医療体制について様々な視点から記述しています。
近年ニュースなどで取り上げられるようになった、モラルの低い住民からの救急車要請などについても触れていますから、是非最後まで目を通してみてください。

現場の期待に応える、という記事では、医療現場で働く人間としての在り方について記述しています。
医療現場において現場の期待に答えるというのは、最終的に患者のためになることをする、ということだと解釈できます。

これが、働いている病院のために、ということになるとまた少し違ってくると思います。
一概に断言してしまうわけにもいきませんが、病院はボランティア施設ではなく、あくまでビジネスで診察や治療を受けることができる場所なわけです。

現場で働いている医師や看護師が病院の期待に答える、ということは、すなわち利益を上げるために行動する、ということになりかねません。
しかし、これは当然患者のためになることではありません。

詳しい話は「現場の期待に答える」というページに記載していますが、いつ何時も患者のことを考えて行動する、ということが現場の期待に答えるということではないでしょうか。
いかにして質の高いサービスを提供するか、患者が納得できる医療を提供することができるか、ということを医師も看護師も常に考えることができるか、ということが最も重要なポイントだと思います。

問題を解決する方に向けるべき

医療現場では日々様々なことが起こっていますし、その中には由々しき問題が起こっていることもあるでしょう。
また、そうした問題の中には過去からこれまで全く手つかずのまま放置され続けてきた問題、課題などもあるのではないでしょうか。

しかし、いつまでもそうした問題を放置するのではなく、解決に向かって動き出すことこそ必要なことです。
放置するというのは結局のところ逃げでしかありません。
逃げていては何の解決にもならないということは、誰が考えても理解できることです。

これからの医療のためにも、国民と国、また医療機関が一体となって問題解決のために動き出すべきではないでしょうか。
下記のページでは具体的な事例に切りこんでいきます。

現在の医療現場について

医療現場の今を知る

救急医療体制について

救急医療体制とは

現場の期待に答える

患者のことを考える