医療の事件・事故

墓の画像

医療事故や事件の規模は様々

医療現場では様々な事故や事件が起きています。
これまでの日本の歴史の中でも様々なことが起こってきましたし、近年でもトラブルがなくなったわけではありません。
殆ど被害のないような事件事故もあれば、死者が出るほどの重大な事故になってしまったこともあります。

こちらのコーナーでは、これまでに起こってきた様々な医療事故や事件についてご紹介しています。
たった一時間の対応の遅れによって重大な事故に発展したケースや、院内マニュアルの文字を判断ミスしてしまい、その結果重大な事故になったケース、献血時に確認を怠ったせいで死亡事故に発展したケースなどについてそれぞれご紹介しています。

また、医療事故が起きたことを隠蔽した事件や、性転換手術時におきるべくして起こった事故、無免許医による呆れた診察、自分都合の身勝手な理由で小さな命に手を掛けた卑劣な医師、引き継ぎ時間に起こり易いミス、院内感染による重大事故などについてそれぞれ記述しています。

どれも実際に起こった話ばかりですし、これまで日本で起きた医療事故、事件の歴史を知る上で知っておいて損はないでしょう。
もちろん、ここにご紹介しているのは全て氷山の一角ですが、有名な事件事故もあります。
過去に起きてしまった事故を知ることで防御策も考えつくでしょうから、是非一度最後まで目を通してみてください。

医療現場では常に何かしらの医療事故、事件が起きる可能性があります。
病院の管理体制が悪いとか、医師、看護師の質が悪いとかそのような話ではありません。
本来、事件事故は起こってはいけないのですが、それでもやはり避けられないものなのです。

常に危機感を持つこと

医療事故は頻繁に事件事故が起きるわけではありません。
しかし、常に危機感は持っていた方が自己防衛にも役立つでしょう。
多くの方は病院が安全な場所、と考えていますが、決してそんなことはありません。

医師の質が悪い病院もあれば、衛生状態の悪い病院もあります。
また、病院という場所は抗生物質や消毒液を使うことから薬剤に強い耐性を持ったウイルスが潜んでいる可能性もあります。

体の免疫が弱まっているときに、ウイルスに感染してしまうと、大変なことになってしまいます。
これが俗にいう院内感染と呼ばれるものです。
病院内でウイルスに感染してしまうという最も起こってはいけない事故です。
実際にこれまでもこうした感染事故は起こっていますし、ここで紹介する記事の中には院内感染によって死亡したケースも記述されています。

一時間の対応遅れ

一時間対応遅れるとどうなる?

文字の判断ミス、予防と開通

とても怖い判断ミス

輸血ミス事件

未確認が悲劇を生む

事故と隠蔽

医師として卑劣極まりない

性転換のミス

安かろう悪かろうの典型

無免許の医者

無免許の呆れた医師

不同意な堕胎事件

医師にあるまじき行為

引継ぎのミス

医師のプライドが悲劇を生む

病院の感染死亡事件

院内感染による恐怖