臨床工学士

日々進化する医療装置の取り扱いと保守のエキスパート

医師の指示のもと、患者の臓器機能を助ける人工呼吸器を含む生命維持装置等の操作や安全な使用を担保する点検を担うエキスパートです。
院内ではクリニックエンジニアなどとも呼ばれるいわゆる医療技術者です。

現代の医療は、様々な最新の医療装置に支えられて成り立っており、クリニックエンジニアの役割は医療装置を安全に操作し、それを担保すべく日常の点検や修理を行う業務です。

医療機器は日進月歩で高度化し、それに伴い取り扱いも複雑化していますので、医師・看護師などの医療スタッフと組むチームの中で医療機器を取り扱うスペシャリストとして重要な業務を担います。

臨床検査技師の具体的な業務

1.血液浄化療法業務
血液浄化療法には、血液透析療法(一般的に透析と呼ばれる)や血液濾過療法等があり、体内の老廃物等を体外に排出する臓器の機能が衰えた患者に対し、臓器の機能を補助するため定期的に行います。
透析クリニックに勤務するケースではこれがメイン職務です。

2.オペ室業務
オペ室には多くの装置があり、オペが安全に行われるためには装置の適切な操作や事前の点検が重要です。
たとえば心臓手術に当たっては、心肺に代替できる装置を活用しなければいけません。
その際の装置の操作や執刀前の保守・点検がメイン業務です。

3.集中治療室業務
ICUと称されるこの部屋は、心臓や頭部など生命の維持に重要な影響を与えるオペ後の患者など、呼吸や循環器の機能が急に悪化して生命の危機に陥る可能性のある患者のみを収容して集中的に治療します。
人工呼吸器などは患者の生命維持に大きな影響を与える装置で、より慎重な操作や点検が求められます。

4.呼吸療法業務
発症後間もない急性期と症状の安定した慢性期に分かれます。
急性期は生命の危険は脱したものの、引き続きICUでの呼吸器管理を続けることがメインの業務となります。
まだ意識がハッキリ戻らない患者も珍しくなく、装置の操作ミスは命取りになることはICUと同様です。
慢性期では神経や筋肉に病気を持ち、自発的な呼吸が不十分な患者の呼吸器管理が業務です。

5.高気圧酸素療法業務
潜水病の早期治療に用いられる高気圧酸素療法は行っている病院は少なく、スキューバダイビングで潜水病になったらこの病院に行けと言われるほど、専門性の高い治療装置です。
数人の患者が室内のベッドに並び、室内の気圧を高めて酸素を吸入させ、血液中の酸素を増加させる治療法です。

6.これらの医療機器管理業務
院内の様々な医療機器が適切に稼働するように、定期や修理を行い安全な操作ができるようにします。
医療機器は多くは患者の生命にかかわる身体機能の代替に使われますので、安全な操作を確保することは大変重要です。