臨床検査技師

臨床検査の意味

医師が患者の治療方針を決定等するに際し、必要な身体の状態を把握するため、医師の指示の下に様々な機器を駆使し患者のカラダの状態に関する様々な検査を行って、情報を収集します。
「臨床検査」とは、医師が行う医療行為に際し、患者の病状の客観的な把握に役立つデータを得るための検査です。

臨床検査技師の役割と重要性

医師が的確な治療方針を決定するには、正しい病状の評価が必須ですが、問診だけでは患者の個人的な主観が入りかつ患者の病気に関する知識も乏しいため、多くの情報を正しく入手することは不可能です。
そのため、臨床検査は医師が患者の病状を客観的に評価して的確に治療方針を決定するために無くてはならないものとなっており、様々な角度から情報を収集して分析します。

その適格な医療行為のための情報収集のために行うのが各種の「検査」で、それを担うのが臨床検査技師です。
検査は生物化学分析・生理機能検査など、たいへん専門技術を必要とするもので、検査に関する専門知識のみならず、日々進化する機器の使用技術の習得も重要で、専門分野が分かれる傾向にあります。

臨床検査技師は、患者の身体を検査して分析した結果数値等を医師に報告し、医師はそれらの結果をもとに病状を客観的に把握して治療方針を決定します。
そのため、臨床検査技師の分析は、患者の病気治療のための大きな要素となっているのです。

臨床検査技師が行う具体的な検査の種類

大きく分類すると検体検査と生理機能検査の2つに分けることが出来ます。

検体検査は、患者から採取した検体を調べるもので、一般的な血液や尿以外に、髄液、喀痰等があります。
手術等で採取された体組織や体細胞の異常の有無をチェックする病理検査もあります。

主な検体検査は
まず、尿検査。
尿の中に含まれる蛋白や糖、血液等の数値の異常の有無をチェックします。
必要があれば、尿中の細胞を顕微鏡で観察したりします。

次に生化学検査です。
採血した血液中の糖、蛋白、無機質、コレステロール等の数値を測定し、臓器に異常はないかのチェックをします。
また、赤血球などの数値を測ったり、骨髄中の異常胞も検査したりすることも重要な業務です。

生理機能検査は患者のカラダに対して直接行う検査で、心電図や脳波等、患者本人の体の生理的反応や臓器機能を直接測定する検査です。

主な生理機能検査としては、まず心電図検査があげられます。
電極を身体の複数個所にセットし微弱電流を流し、不整脈や梗塞の有無など、心臓機能の異常の有無をチェックします。

つぎに脳波検査。
頭部に電極をセットし、脳波を記録して脳神経の疾患の有無をチェックします。

さらに超音波検査もあります。
胸部や頸部に超音波をあて、各内臓や血管の様子を画面上に映像化して診察し、腫瘍などの有無や血管壁の硬化状況をチェックします。

このように臨床検査の実施により、患者が病状を自覚する前の段階で早期に異常を発見できることもあり、早期治療に繋がります。
臨床検査技師として病状に関わる分析の分野に興味がある方はぜひ求人を探されてみてください。
研究職・分析の求人派遣サイト│Chall-edge
専門職ですが正社員だけでなく派遣で働くこともできる案件が多く紹介されています。