移植コーディネーター

人の命と命をつなぐ仕事

移植医療において提供者(ドナー)と受ける患者(レシピエント)をつなぐ調整役として、移植のスタートから無事に移植が完了するまでの間、関連する各種業務を調整し、特にドナーの家族の精神面のサポートをする仕事です。

移植には臓器移植だけでなく、組織移植や骨髄移植などに分けられます。
臓器移植を例に移植コーディネーターの役割を説明すると、まずドナーの情報が入るとドナーの入院する病院に急行します。
そして、ドナーの適正評価、提供者家族への説明、移植承諾書の作成、臓器摘出手術計画の各種手続きのほか、不安を持ち戸惑う提供者家族の精神面のケアが重要な業務です。

一般的に移植医師や看護師などの医療スタッフが兼務することが多い受け入れる側のレシピエントコーディネーターは、移植の登録や移植希望者の意思決定支援、移植の立会いなど提供を受ける家族の支援が中心になります。

臓器移植では様々な書類作成が必要で、運搬に関しても一刻を争うため航空会社や警察等とも連絡調整が必要になるため、提供者情報1件につき10人ほどのチームを組んで支援します。

この職業に向いた人

移植はドナーとその家族の善意で支えられる医療技術ですが、提供できる臓器を持っていても、いざ提供するとなれば家族には躊躇する気持ちが生まれることが多いです。

そのため、共感を持って人の話に傾聴することが出る人でなければ家族の信頼を得ることは出来ませんので、コミュニケーション能力が高く、細かな気配りができる優しい気持ちと強い信念を持つ人に向く仕事です。
忍耐力や体力も求められる仕事ですので、精神力・体力ともに強靭であることが求められます。

この仕事の将来性

業務内容は同じですが、職場を分けると、公的団体である移植ネットワークに所属する場合と、この公的ネットワークから委託を受けた都道府県所属として働く場合の2つに大きく分類されます。

重要な仕事ですが、日本ではまだ臓器移植が発展途上なので、この仕事につける人数は多くはありません。
アメリカなどの発展国に比べ臓器移植が遅れていますが、法律改正されたことにより移植数は増加傾向で推移すると思われます。
今後は国内でも大幅な増員が求められる可能性はあります。

移植ネットワークの認定試験は不定期で行われ、応募の条件に、医療関係の国家資格取得や大学で医療福祉を学ぶ等の条件があります。
ただし公募は不定期かつ、年に約2~3人程度の採用で極めて狭き門です。

一方の都道府県コーディネーターは、3種類あり、所属する病院等の職員として働きながら兼任する、臓器バンクの職員として勤務する、都道府県職員の職員として業務に当たる、の3つです。