医師

患者を診察する「臨床医」

医師と言えば、病院やクリニックで病気の患者の診察・治療を行う医者をイメージする方が大半で、このような働き方をする医師は、臨床医と呼ばれます。
臨床医は、来院した患者から症状を聞きとり、聴診器で呼吸音・心音を聴いたり、患部の状態や顔色などを目視して、体調不良の原因を探ったり、ケガの状態を把握します。
原因や状態が特定できれば、症状に合わせて治療法を決定し、治癒を目指して注射や処置、投薬をします。
多くの場合、注射や処置を実際に行うのは看護師で、薬は医師が処方箋を出して、薬剤師のいる薬局で受け取る形がとられます。

臨床医のメインの役割は、症状を把握して理由を探り治療法を決定して、看護師などの医療スタッフに指示をすることだと言えます。
すぐに原因や病名が特定できなければ必要に応じ精密検査を行い、病気によっては手術を要することも珍しくありません。

大病院と小病院の違い

詳細な精密検査や手術は、設備の備わった大きな総合病院が適しており、地方の小病院やクリニックではできないことが多いため、総合病院や大学病院等の設備が備わった病院あてに紹介状を書いて行います。

大きな総合病院や大学病院等の大規模な医療施設は、内科や外科、耳鼻科、眼科など街のクリニックの分類以上に細かく診療科が分かれています。
内科系だけでも神経内科、心血管内科、消化管内科……など病院によっては20近くに及ぶこともあります。
それほど細かく診療科が分かれており、紹介状なしで外来を訪れても途方に暮れてしまいます。

この意味では大病院の医師は専門性が高い分守備範囲はやや狭く、一方、街の診療所等の医師は幅広い知識が求められると言えるでしょう。

治療の未来を切り開く「研究医」

臨床以外に医師が担う大事な仕事に医学の研究者としての仕事が挙げられます。
随分、医学は発達しましたが現代においても、原因や治療法の確立されない難病は数多くあり、一刻も早く新たな治療法発見を待つ患者は数え切れません。
このような病気を解明し、新たな治療法を模索すべく大学や病院で研究を担当している医師を研究医と呼びます。
数年前ips細胞の作製でノーベル賞を授与された山中伸弥教授が研究医です。

研究医は多くの場合チームを組んで、日々、実験を繰り返ししたりデータを収集・分析したりして論文を作成し発表します。
医学の研究は、患者の生活や未来を変える夢のあるものばかりです。

臨床医にせよ研究医にせよ医師は、多くの人の命に関わる仕事です。
新しい命の誕生に立ち会う医師、難病と闘う子どもを担当する医師、終末医療で人生の最期を看取る医師、と様々です。
いずれも命に関する仕事であり、生命の尊厳を実感できるやりがいある職業です。