保健師

病気を未然に予防する保健指導や生活支援を行うプロ

疾病の予防や健康の維持・増進を目標に、保健指導や各種の相談、暮らしの支援等を行うエキスパートです。
一般的に、健康診断での病気の早期発見をはじめ、疾病予備軍を見つけ、生活習慣全般の指導を行い発症予防に努めます。

保健師は、保健所や地域包括支援センターなど公的な機関に勤めるのみならず、民間企業に勤務する企業の産業保健師もいます。
健康維持・増進に関する相談に乗ったり、住民の居宅を訪問したり、全ての世代の人と接する仕事なので、人とのコミュニケーションが好きな人に向く仕事です。

健康に不安を持つ人は、頼りたい気持ちになるか、逆にアドバイスに懐疑的な気持ちになるケースもあり、包容力を持ち、まずは相手の話を素直に傾聴することが求められます。

仕事の内容は、乳幼児健診、母子指導、健康診断、高齢者の健康維持指導等で、人の一生の健康に関わる仕事なので、人の役に立つことが実感できます。

保健師と看護師の違い

保健師と同様に、医療に関する仕事として看護師があります。
保健師になるためには看護師の資格を持っていることが条件とされるなど、双方の仕事には類似点があります。

まず、業務内容に着眼すると、看護師は、医師の手助けをして患者のケガや病気が治癒し健康に戻れるためのケアや入院患者の臨床看護ケアを担います。
一方保健師は、全世代の人達が「疾病を患う前に予防する指導」が主要な任務です。

次に活躍の場に着眼すると、保健師は看護師でもあるのに活躍フィールドが異なる事がよくわかります。
多くの場合、保健師は各地域の保健所や学校の保健室、高齢者介護に関連する地域包括支援センターなどに勤務し、大勢の人の健康を管理し、病気の予防、健康維持・増進、ケガの予防などの指導を行います。
病院で働くケースでも看護師と異なり、外来の診療室や病棟で働くのではなく、検診センターのような部署で働きます。
もちろん看護師資格を有しており、病棟や外来での勤務を看護師と同様に勤めることは可能です。

看護師は、大多数が医療施設の外来や病棟で活躍し、両方の資格を兼ね備えた保健師の方が活躍フィールドはより広がるのは当然かもしれません。
分かりやすく言えば双方とも、医療関連の知識を活用して、人の健康に関わる仕事ですが、看護師が既に病気やけがを負った人に対してその回復などのためにケアするのに対し、保健師は疾病を発症する前の人に健康の維持・向上をサポートする仕事です。

保健師になるためには

国家試験に合格しなければなりませんが、受験資格を得るには看護師資格を持つ必要があります。
看護師資格取得後、大学や保健師養成校で一定の課程を学習したあと保健師試験にチャレンジします。
保健師と看護師の学習を同時並行に進め、各試験の受験資格を同時に取得することも出来ます。