診療情報管理士

診療情報管理士の役割

かつては診療録管理士という名称が用いられていましたが、現在は診療情報管理士の名称で呼ばれる、病院団体協議会等の資格です。
仕事内容は、例えていうと医療機関におけるカルテの司書で、医師が院内で患者に施した医療行為を記録したカルテや検査データなどを保存・管理し、適正な開示要求を受ければ情報開示を行います。

カルテの内容を読み取り、医師等による記入漏れやミスがないかを確認した上、国際的に認定される区分に従って、病名や入院日数等の情報を記録します。

適切なカルテの保存と迅速な検索は、患者の来院時に、その患者の過去の既往歴や診療内容を一目瞭然に医師が把握し、患者の体質等の検査データを参考に、スピーディに適切な治療を進めるために重要です。

具体的な業務内容

診療情報管理士の重要な業務のひとつに、カルテのデジタル化があります。
カルテ情報をデジタルデータとして入力し、必要に応じて検索してデータを迅速に呼び出すことを可能とする業務です。
デジタル化が十分でない病院の場合、ペーパーベースのカルテに索引番号を割り当て、物理的に分類し保管しますが、その場合も出来る限り迅速な検索が可能なように整理します。

最近では電子情報でデータ管理をしている病院が増加し、医師が書面上作成したカルテを電子データに入力する作業も担当範囲です。
入力に当たり、病名を世界保健機関(WHO)の定めた区分に沿って入力することが求められており、医学知識と情報管理知識の双方が必要な仕事です。

病院内の情報の情報集約の仕組みを決定し、運営・管理の役割を担うこともありますので、情報処理の知識があるとより役立てる仕事です。

また、医師が作成したカルテが医学的に正確か、記入漏れが無いかを確認します。
問題があれば、医師に報告して必要があれば修正を求めることになります。
このため医学的に高度な知識を持てば、患者の診療データに基づくチェック機能という位置づけで、間接的に診療に携わることも出来ます。
医療事務としての事務のウェイトが大きいですが、専門的な医療知識があれば、一般の医療事務職とは一線を画する遣り甲斐のある仕事と言えるでしょう。

業務の遣り甲斐と信頼を高める方法

この仕事につく多くの方が仕事の魅力に感じる事は、勤務の時間が定まっていて急務でも入らない限り、残業は無い点です。
ですから、育児や家事との両立ができる仕事と言われています。

しかし、診療情報管理士の仕事をしているからと言って、重要業務を担わせてもらったり、医師と同じ立場でカルテの話が出来たりするわけではありません。
業務の遣り甲斐を求め信頼を得るには、常に進化を続ける医学知識やデータ管理技術の習得が必要です。