診療放射線技師

放射線を使って検査や治療をする

医師の指示を受けて放射線を用いた検査や病気の治療を施すのが診療放射線技師の職務です。
放射線は使い方により、カラダに悪い影響を与える危険があるので、エキスパートとしての診療放射線技師と医師だけに使用が認められます。

近年は、医療の専門化が進み、機器の使用にも専門性が求められるため、放射線検査は、ほぼすべてのシーンで、診療放射線技師のみが担当します。
多数は医療機関に勤務する形態で働きますが、放射線のエキスパートであるため、原子力発電所等でも求められます。

様々な検査業務

レントゲン室でのレントゲン撮影がもっとも馴染み深い検査業務ですが、近年注目を集めている乳がん検査に使われるマンモグラフィやバリウムを飲んで行う消化管造影、頭部等の断面図を撮影するCTスキャン検査、磁気を使ったMRI検査等も業務範囲です。
放射線撮影以外でも、微量の放射性物質で病気を診断できるRI検査や日本人の三大死因であるガン治療に用いられる放射線治療も担います。
放射線治療は癌の有効な治療法で、患者の癌細胞に放射線を照射して癌細胞を破壊するというものです。

医療機関に必須の放射線の専門家

現代医療では放射線抜きには検査を語れないほど必要不可欠な存在となっており、同時に信頼できる治療方法としても確立済です。
人体に影響を及ぼしかねない、善悪両面を持つ放射線を安全にコントロールしながら、必要な検査をするのが診療放射線技師の仕事です。

さらに、近年健康診断でも益々重要度が増すMRI検査や超音波エコー検査も守備範囲です。
日進月歩のこれらの最新検査機材を使いこなす診療放射線技師は、被検査者の健康維持と治療をサポートする大切な役割を担います。

特に癌の放射線治療は、がんの組織と正常な組織の違った放射線感受性を利用した治療法です。
誤って使用すれば人体に有害な放射線を安全に的確に照射することが、治療の効果に影響を与えます。

放射線を当てる部位は医師が決定しますが、機器を使って実際に放射線を患者に照射するのは診療放射線技師なので責任は重大です。

技師の遣り甲斐や魅力

特にがん治療において重要なウェイトを占める放射線治療では、患者と頻繁に接し、不安を抱える患者とコミュニケーションを持ちますので、命に尊厳を感じて誠意をもって接していく真摯な態度が必要です。

コンピュータを駆使して作った治療計画に基づき、放射線の照射具合を確認しながら地道に進めます。
放射線治療で患者の病状に一定の効果が出た際の喜びは経験しなければわからないものがあります。

放射線治療以外にも検査のあと、医師が診断の材料とするための資料の取りまとめも大切な業務で、コツコツと丁寧に進めなくてはいけません。
画像や検査情報は患者の治療方針に大きく影響を及ぼすため、正確性が求められます。
健康診断に用いる場合は被検査者の疾病の早期発見・早期治療に繋がります。