管理栄養士

食事・栄養をとおして健康維持・増進をサポート

管理栄養士は幅広く食や栄養に関わる仕事をしますが、その役割は専門的な栄養に関連するノウハウを活用して栄養指導を行い、人々の健康をサポートすることです。

病院や老人介護施設等の厨房で食事のメニューの作成や調理指導、プロスポーツ選手の栄養管理、ダイエットに関する相談等、様々な場所で活躍します。
そして、食の重要性や正しい栄養摂取の知識を人々に指導し、実践します。
特に病院や介護施設では、朝・昼・晩と3食の栄養全てをつかさどるため、栄養管理が病状回復や高齢者の健康維持に直結すると言えるほど大きな影響を与え、その任務は重いです。

栄養士との違い

よく似た資格・職業に栄養士があるのですが、管理栄養士はワンランク上位に位置する資格で、さらに高い知識が必要とされます。
管理栄養士でなければ担当することが認められない仕事はいくつもあります。

例えば入院患者の栄養など病気の人の療養に関する栄養指導、個人のカラダの状況・栄養状態等に応じた健康維持向上に向けた個別の栄養指導、特定施設利用者の身体的状況等に応じたメニュー作り、栄養指導が挙げられます。

また、1回300食あるいは1日750食を超えるような食事サービスをする大規模な医療施設等は、管理栄養士をおくことを法令上義務付けられるため、比較的大規模な施設に勤める方が多いのも特色です。
そのような施設に所属する他の栄養士の指導や教育もチームワークが求められる大規模な施設での重要な仕事の内です。

職場ごとの管理栄養士のメイン業務

病院の厨房に勤務する管理栄養士は、入院患者の食事の一般的な栄養指導、集団指導(糖尿病患者等に対する食事教室等)、医師等の医療スタッフと組んで行う栄養士業務全般を担います。
入院患者の食事は皆一様ではありません。
身体状況や病状によってカロリーや摂取制限のある栄養もありますので、単にバランスの取れたメニュー作りでは済まないのです。
当然、調理の際は衛生管理が他の職場以上に徹底されると言ってよいでしょう。

保育園に勤務する管理栄養士は、通園する乳幼児の食事、おやつ作りを担当しますが、通園する子供の年次が幅広いため大量に同じ食事を作ることが出来ません。
年次に合った食事の提供や調乳・授乳、また母親に食育指導をすることもあります。

特養・老健等介護施設に所属する管理栄養士は、メニュー作り、調理、材料発注など栄養全般に関わる調整を行います。
入所者の中には、病院入院患者と同様に糖尿病を患う方や介護食が必要な方がいますので、個別に管理が必要です。

学校給食では市町村等によって単独校調理場方式または共同調理場方式があり勤務場所は異なりますが、いずれもメニュー作成や材料発注などがメイン業務です。
栄養教諭の資格をもてば校内で食育推進が行えます。