理学療法士

リハビリを行い身体機能を回復させる

病気や事故等で身体に障害や日々の暮らしが不自由な人、加齢のため身体機能が衰え自立した生活に不安のある人などに対し、医師の指示を受けてリハビリを行い、運動能力の回復を支援します。
病院内などでは、一般に「PT」と呼ばれています。

具体的に支援する目標は、歩く、座る、立つ、体交(寝返り)といった日常生活に必要な身体の基本的な機能回復を支援することです。
同様に、日常生活支援のために機能回復のリハビリを行う職種に作業療法士(OT)がいますが、こちらは洗顔や歯磨き、箸を使うなど、より生活に密接な細やかな作業の機能回復を目標にします。

カラダの機能回復を援助する以上、カラダの骨格や筋肉などの構造を熟知することが必要です。
その上で、患者1人1人に人に合うリハビリプランを考え、運動療法や物理療法を活用して効率的に身体の機能を回復させ、患者の日々の暮らしの基本レベルをアップさせるべく訓練します。

理学療法士が活用する運動療法と物理療法

理学療法士が治療や訓練に取り入れるリハビリには、運動療法と物理療法があります。

運動療法では、筋肉や関節のストレッチや運動を行うことで、関節の動きを円滑にしたり、筋力の拘縮を防いだり、筋力回復を目指します。
脳梗塞の後遺症などによる麻痺や骨折、ヘルニア等により歩行や立ち上がり、手の動きなどの動作が困難になった患者に対して、立ち上がり訓練や歩行訓練、ストレッチなどを行います。

物理療法ですと、ホットパックによる温熱、寒冷、電気刺激など物理的な方法によって患部を刺激して治療を行います。

医療チーム内の他のメンバーとの連携が必須

PTは、単独で患者のリハビリを行うことが無いわけではありませんが、ほとんどのケースでは医師、看護師などの医療チームのメンバーや作業療法士や言語聴覚士など他リハビリスタッフとの連携が求められます。

医師にはそもそもどのようなリハビリをするかの指示を受けるのですが、医師だけではありません。
例えば入院患者1人に対して、理学療法士のみならず作業療法士や言語聴覚士が付く場合があります。
当然、訓練時間が重ならないよう、適度の間隔があくよう調整が必要なだけでなく、看護師が担当する検査の時間や入浴時間の調整も必要になります。

リハビリスタッフは特定の病棟担当として、入院患者1人ごとに病棟のナースステーション等で行われるカンファレンスに参加するケースも多いです。
理学療法士が特定の患者に24時間付きっ切りでリハビリを行うことは出来ません。
そこで、医療チームが一丸となって、たとえば病室で車いすからベッドに移乗する行為や病棟スタッフが行うトイレでの動作介助行為などもリハビリの機会と捉え、少しでも身体機能が向上するよう取り組まなくてはいけません。

理学療法士の活躍の場

メインの勤務先は入院施設やリハビリ施設を持つ大規模な病院のほか、整形外科でも求められます。
それ以外に、リハビリセンター、特養、老健、障害者施設等の各種施設も活躍先です。