マリファナの真実

マリファナの画像

合法化されている国もある

世界には、マリファナというものがあります。
日本ではマリファナを所持しているだけで逮捕されてしまいますが、世界にはマリファナが合法化されている国があります。

マリファナとは、麻薬のことです。
カナダやイスラエル、ベルギーやオーストリア、オランダ、イギリス、アメリカなど。
マリファナが合法化されています。

マリファナは、医療用としての歴史が深いもので、アジアでは紀元前700年頃から中国の呪術者が医療目的として利用していました。
その記録は残されています。

中国やインドでは、マリファナの麻酔性が紀元前から知られていました。
そして、医療用として活用されていたのです。

医療用マリファナの効果

マリファナには、鎮痛作用や鎮静作用、催眠作用や食欲増進作用、眼圧の緩和効果や嘔吐の抑制などの様々な効果があります。
慢性疲労症候群や慢性疼痛、ガンの化学療法などの緩和のためにも使われています。

多くの場合は、乾燥大麻として処方されます。
摂取方法は喫煙です。

マリファナと同様に、パイプにつめてから燃焼させて、成分を吸収します。
モルヒネには同じような効果がありますが、鎮痛効果が出ない一部の病気で医療用マリファナが効果があると言われています。

現在、カナダ、オランダ、アメリカなどでのいくつかの州では、治療に用いられています。
アメリカは、大麻草を科学的かつ社会理論的に検証してきました。
そこで、250種類以上もの疾病に効果があることもわかっています。

嗜好品として使うマリファナとの違い

医療用マリファナと嗜好用マリファナは、同じ天然のハーブで違いはありません。
ですが、使用目的が全く異なり、栽培や取り扱いの方法が違います。
特に大きな違いといえば、品質の安全性や体の弱った患者に対して、大きな影響を与えてしまう衛生管理上の問題があり、オランダやカナダでは供給しているマリファナに、絶対的な条件を課しています。

医療用マリファナには副作用があります。
30%程度の方が、吐き気を訴えており予防的に吐き気止めを使うことが多いと言われています。
常習性や乱用について、様々な見解があり国によって考えは異なります。
薬物管理政策局では、医療面の効用を否定する声も。

副作用は少なくなっているものの、医療に関する効果があったとしても、マリファナはイメージが悪いでしょう。
理解はできないかもしれませんが、嗜好品として使うマリファナと医療用マリファナは、事実上異なるのです。

これがマリファナの真実です。
みなさんは、マリファナにはどんなイメージがあったでしょうか。
賛否両論ですが、日本では医療用のマリファナも規制されています。
一方、栽培まで合法化している国もあるとのことです。